2014年03月04日

カブドットコムより貸株料支払

こんばんは!
カブドットコムより貸株料支払がありました。

今回はどんな感じなのか支払履歴を公開してみたいと思います。

1/1〜1/31までの貸株料支払履歴です。

2014年01月01日〜2014年01月31日 ファンケル(4921) 9.65円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 東製鉄(5423) 4.60円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 パナソニック(6752) 10.82円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 ローランドDG(6789) 30.64円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 ヤマハ発(7272) 12.82円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 フラベッドH(7840) 17.27円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 ヤマハ(7951) 13.78円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 野村HD(8604) 6.73円 0.10%
2014年01月01日〜2014年01月31日 ANA(9202) 94.59円 0.50%

合計(円未満切上・参考値) 201円


合計の201円が振り込まれました。
わずかですが、貴重な不労所得となっております。

※なお、貸株サービスを利用する際の注意点もあります。
もし証券会社が倒産したら株が戻ってこない
信用口座を開いたら貸株サービスは利用できない
万が一貸株サービスを利用している証券会社が破綻した場合は、
株が返ってこないことがあります。
(証券会社からの貸出先が破綻した場合は保証されます)
よほどのことがなければ倒産なんてことにはならないとは思いますが、
リスクがゼロではないと言うことだけは頭に入れておく必要があるかもしれません。
また、証券会社に信用口座を開いていると貸株サービスは利用できません。
貸株中でも取引の有無にかかわらず、口座を開設した時点で貸株サービスは中止されます。
松井証券も「預株」として貸株サービスと同じようなサービスがありますが、
他社とはややルールが違います。
(松井証券が破綻しても保障がありますが、対象銘柄があったりします)

くれぐれも自己責任でexclamationexclamation


サラリーマンよそふめは不労所得で年間50万円を達成したいと思います
posted by よそふめ at 22:02 | Comment(0) | 貸株料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする