2014年04月03日

生活保護制度とは

こんにちは

先日、セミリタイアについて妄想を膨らませていたのですが。


その時ふと現行の生活保護制度について疑問が沸いてしまって調べることにしました。


生活保護制度とは
資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度。
(支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なる。)

ちなみに、生活保護を受けるための要件及び生活保護の内容ですが、

保護の要件等
生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。

資産の活用とは
預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充てる。

能力の活用とは
働くことが可能な方は、その能力に応じて働く。

あらゆるものの活用とは
年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、まずそれらを活用。

扶養義務者の扶養とは
親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受ける。

そのうえで、世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。

保護の種類と内容
以下のように、生活を営む上で必要な各種費用に対応して扶助が支給されます。

生活を営む上で生じる費用 扶助の種類 支給内容
日常生活に必要な費用
(食費・被服費・光熱費等) 生活扶助 基準額は、
(1)食費等の個人的費用
(2)光熱水費等の世帯共通費用を合算して算出。
特定の世帯には加算があります。(母子加算等)
アパート等の家賃 住宅扶助 定められた範囲内で実費を支給
義務教育を受けるために必要な学用品費 教育扶助
医療サービスの費用 医療扶助 費用は直接医療機関へ支払
(本人負担なし)
介護サービスの費用 介護扶助 費用は直接介護事業者へ支払
(本人負担なし)
出産費用 出産扶助 定められた範囲内で実費を支給
就労に必要な技能の修得等にかかる費用 生業扶助 定められた範囲内で実費を支給
葬祭費用 葬祭扶助 定められた範囲内で実費を支給


うーん。

いろいろ思うところはあるのですが。

それは次回の妄想で。。







「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間50万円を達成したいと思います


posted by よそふめ at 09:17 | Comment(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに一時日経平均15,000円台へ

こんばんは

休日の土曜日に東京へ出張へとなってしまいました。

おかげで明日代休です。。。

中途半端な木曜日に休みってのは微妙。。
全然嬉しくないです。休日出勤手当てをもらうほうが全然嬉しいです。

それはさておき、

東京株式市場の日経平均株価が、一時1万5000円台を回復ました。日経平均が1万5000円台を付けたのは3月12日(1万5020円14銭=ザラバベース)以来約3週間ぶりです。
このまま株価上昇が続くのでしょうか?

先行きは不明ですが、物価上昇は確実にしているので株価も緩やかな上昇になるのでしょうか?



 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間50万円を達成したいと思います
posted by よそふめ at 00:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする