2016年08月29日

住宅ローン借り換えで目安!

どうもです。

さて、お世話になっている住宅ローン!

近年のあまりの住宅ローン金利の低下っぷりに借り換えがついつい気になってしまいます。

とはいえ!

借り換えでメリットの出る目安ってどのラインなのでしょうか?


一般的に言われる住宅ローンの借り換えの目安としては、「10年、1,000万円、1%」といわれています。これは


・住宅ローンの残りの期間が10年以上あり
・住宅ローンの残りの金額が1,000万円以上あり
・現在の住宅ローンの金利差が1%以上ある


場合は、借り換えのメリットがある、つまり住宅ローンの総支払い利息が減ることを意味しています。

わずかでも金利が下がるのであれば借り換えメリットがありそうですが、実際借り換えには費用(保証料、手数料、抵当権設定費用、印紙代...)が必要になります。

というわけで支払い利息の削減額が一定水準を超えないと(一部借り換えの際に最もかかる費用が返ってくることもありますが)費用倒れになり、メリットが出ないってなります。

まぁシミュレーションをHP上でしてメリットがあるのであれば、借り換えメリットを試算してもらいましょう!

ちなみに私は

・住宅ローンの残りの期間が10年未満
・住宅ローンの残りの金額が670万円
・現在の住宅ローンの金利差が0.9%

となっており、シュミレーションしたら10万円の減額になりそうです。

ただし!

今は全期間固定なのですが、借り換えすると3年間の固定という条件になってしまうため

全く同じ条件であればありかもしれませんが、取りあえずは見送りですね。
「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間77万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | マイホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする