2017年02月21日

確定申告で見えたこと〜ふるさと納税

どうもです。

3.jpg

確定申告をして見えたこと事があります。

ふるさと納税って

私は体裁のいい節税手段だとずっといっています。

それは所得が多いほど寄付できる金額が増えて実負担2000円で返礼がGETできるという構造だからです。

住民税分を返礼品で薄めるといったイメージです。

今までは上限はないものと思っていましたが、そうでもなさそうです。

この度確定申告をやっていて一時所得とふるさと納税との関係についてふれているのを発見!!

「ふるさと寄附金の謝礼として受ける特産品に係る経済的利益については、所得税法第9条に規定する非課税所得のいずれにも該当せず、また、地方公共団体は法人とされていますので(地方自治法第2条第1項)、法人からの贈与により取得するものと考えられます。
したがって、特産品に係る経済的利益は一時所得に該当します(所得税法第34条、所得税基本通達34-1(5))」

ほお!!

ふるさと納税の返礼品って一時所得になるらしいです。

となると

一時所得の金額 = 返礼品 - 寄付金 - 特別控除額(最高50万円)

という式が成り立ちます。

返礼品はだいたい30〜50%が多いので、返礼品が50万円に達するのは約100万円の寄付が必要になります。

ざっくり計算していくと

自己負担2,000円で100万円以上の寄附ができる人、つまり、限度額計算の記事を参考にするとサラリーマンでは収入金額が6,000万円以上になります。

天井に上限がある事がわかりました。



やはり収入の多い人が節税に使うだけの制度ではないでしょうか。

税収の減った自治体が訴えていますが、制度が見直されていくのは時間の問題ではないでしょうか。

皆さんもできるうちにやっておきましょう!!

確定申告をしていると毎年毎回気づきがあります。

還付もさることながら、マネーの勉強にもなります。

これも確定申告の醍醐味ではないでしょうか。

不労所得を目指す身としては精進あるのみです。

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 22:03 | Comment(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする