2017年04月08日

国民年金強制徴収

自営業者らが加入する国民年金の保険料を強制徴収する基準を2017年度はさらに引き下げるみたいですね。

強制徴収の基準は「年間所得350万円で未納月数7カ月以上」「300万円で未納月数13カ月以上」に変わるみたいです。

サラリーマンは既に強制徴収されていますので、きちんと支払っている側からすればそりゃどんどん強化して年金納付率を上げて欲しいものです。

中にはこれでは税金だ、破綻する、生活苦しいのに、という意見があるみたいですが。

反対してるのは払ってないやつだけでは?

と思ってしまいます。

だって国民年金をちゃんと払ってる側は別に強制徴収されないから困らないもんね

仕送り形式をしてる限りは支給額が減ったりするでしょうが、払われないことはないっ!

払ってない人が支給額減に貢献しているのは間違いないんですが。

支払えないのであれば免除申請をきちんとすべきであって、未納は支払えるけど支払わない人として見なされても仕方がないと思うんですよね。

そもそも、6割くらいの納付率ってのを放置してきたのがもうどうかしてますよね。

当然年金カットは行われると思いますが、

それと並行して納付率をあげていくしかないですね。

おそらく、そのうち3号年金も間違いなくなくなります。

逃げ切れない20〜40代は、共働きにチェンジするとか資産運用などして自己防衛するしかありませんね。


「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする