2019年06月13日

老後2000万円蓄えるか、働くか、切り詰めるか

どうもです。

100円で購入したトマトが育ってきて実をつけ始めました。
tomato.jpg

何個か熟しているのはいただきましたが、自分で作ったものを食べるのもいいものですね。

さて、

金融庁が発表した報告書に、総務省の家計調査のデータを使った試算として、年金暮らしの高齢夫婦だと年金だけでは生活費が月約5万円足りないと指摘。

不足額を老後の20〜30年間まかなうために、1300万〜2000万円の蓄えが必要になるとしていました。

この点について、「年金だけでは安心して暮らせないのか、年金徴収やめろ」などマスゴミや野党、評論家から相次いでいます。

金融庁の報告書は、(年金が)月20万円のところを、平均的な支出が25万円あります。5万円足りない金額を65歳から(老後が30年間とすると)、だいたい2000万円という話なだけですよね。

一定の条件をもとに統計データや考察を正直に出した試算だと思うんですよ。

なんでそんなにたたかれるのだろうと少し疑問に思います。

大体マスゴミ、評論家とかは普段ワイドショーで老後に必要なお金は3000万円とか煽ってるじゃないですか。

初めて聞きましたみたいな反応、ご苦労さまです。

切り取り煽るマスゴミ、野党、評論家のポジショントーク。

うーん。

いろんな人が思考誘導したいのでしょうね。

こんなん答えは単純で、2000万円貯めるか、生活水準を落とすか、働く、もしくはそれらの複合しかないと思うのですが。

それで生活できないなら生活保護という制度もあるわけですから。

この国の年金というのは、生活費を全額賄うものではなくそれを前提に設計されているはず。

それなら国民年金だって6万程度なのをまず怒るべきでは。

無責任な専門家の中には年金払うなみたいな事を言う人もいます。

収入によっては強制徴収されるし、障害になったり万が一亡くなったりした時、どうするのか。

本人はもとより遺族も遺族年金ももらえんのだぞ。

責任とれるのか?

そもそも、アンタ絶対払ってるだろよくそんなの公共の電波使って言えるなって思います。

そんな程度の奴らなんです。

あれこれ情報に惑わされる前にちゃんと自分の目で金融庁のレポート見て判断すればいいんじゃないですかね。

私は全体として金融庁レポートの通りになると思います。

ですが、地方と都会で出ていくお金違うだろうし、お金使わないと遊べないわけでもない。

工夫次第で全然楽しく暮らせると思いますがね。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ

posted by よそふめ at 21:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする