2014年01月22日

不労所得の作り方

こんばんはexclamationexclamation

さて、おさらいです。

私の不労所得の作り方ですが、

簡単に説明しますと。

種銭を作る → 株を買う → 配当金 → 配当金で株を買う → 配当金 → 配当金で株を買う

厳しかったのが、種銭作りでした。誰もが簡単に作れるものではないからです。
収入が多い、もしくは支出が少ない、どちらかの条件が整わないと種銭は作れません。
私の場合!支出が少ないを目指しました。
節約を行い、独身時代は幸いにして実家に甘えれる環境だったので甘え。生活費を切り詰め、余った資金は100%投資。それを就職してすぐにスタート。さらに配当金、分配金もプールすることなく再投資を繰り返し、社会人(サラリーマン)になって5年後に27歳のときに総資産1000万円を突破しました。

当然、犠牲にしたものもあります。ですが、犠牲より目標の方が強く継続できました。

不労所得が不労所得を生む。これが私の仕組みですexclamation×2

資産が小さい時はあまり複利を感じませんでしたが、1000万円を超えるともらえる配当金の金額がある程度まとまってくるので気持ち的に余裕が出てきます。また、株主優待もあなどるなかれ!これが、ボディーブローのように意外と節約になるのです。

例えば、株主優待を利用して
マクドナルドで無料でハンバーガーを食べる、500円の得!
カラオケに行く!2500円の得!
商品券で服を買う!5000円の得!
図書カードで本を買う!5000円の得
外食・化粧品・サーバー利用代金・100円均一・トイレットペーパー・食品・・・・・

資産が増えれば増えるほど普段の生活で使うものがもらえるようになってくるのですわーい(嬉しい顔)


みなさん、人それぞれいろいろやり方はあると思いますが私は今の所この仕組みで頑張りたいです。

そして、いつかは不動産投資にいきつきたいです〜〜ふらふら




【ブログについての最新記事】
posted by よそふめ at 21:33 | Comment(6) | ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく見ています。リスです。
実家に甘えれる環境があったからといっても、なかなか1000万円なんて難しいですよね やはりやり方が良かったのではないですか
ワタミの渡辺さんも種銭を作るために佐川の夜勤でモーレツに働いたということをどこかで見ました。何事も最初が肝心なのですねえ
Posted by リス at 2014年01月22日 22:18
総資産1000万円越えはすごいですよね!
実家に甘えられる環境でもらった給料をパーッと使ってしまう人も多い中、将来を見据えてコツコツやってきた結果が表れてますね(^o^)

私はまだ数銘柄しか株の購入をしていませんが、
それでも株主優待にはかなり助けられています。
これからは少しずつ不労所得で不労所得を生み出せるように頑張ろうと思います!
Posted by チム at 2014年01月24日 01:48
チムさんコメントありがとうございます。

私もパーッと使ってしまいたかったのですが、最初に勤めた会社が低賃金・3Kのブラック企業だったので将来に関する危機意識が凄く芽生えてしまいました。

結果的に今の自分があるのがそのブラック企業のおかげなのが皮肉です。
Posted by よそふめ at 2014年01月24日 23:02
リスさんコメントありがとうございます。

いつもありがとうございます。
今後も不労所得年間50万円に向けて、がんばりますのでどうぞ応援宜しくお願いします。

Posted by よそふめ at 2014年01月24日 23:05
新入社員から5年間で1000諭吉溜めたということは、毎年200諭吉ずつ貯金ですか。仙人の領域ですな!! 若いころは、遊びに行ったり、普通乗用車を購入したり等、毎年150諭吉はなんとかイけたけど200は無理じゃったな・・・と回顧する次第です。
Posted by oonnoo at 2017年10月24日 15:36
oonnoo さんコメントありがとうございます。

平準化したらそうなりますが、実際にはブラック企業での1年半は使う時間がなくてほぼ給料全部で株買っていました。

実家暮らしでしたし、車も購入したりしませんでしたので種銭を貯めれたのかもしれません。
Posted by よそふめ at 2017年10月24日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。