2017年05月15日

年金を夫婦で考えるの時代遅れじゃないか

どうもです。

最近年金について凄く感心が出ていてふと疑問に思うことがあります。

雑誌、テレビなどでは年金は夫婦でいくら〜とかって考え方をしているケースが非常に多いように感じます。

なんか私は違和感があります。

確かに生活は世帯でしていくものではあると思いますが、年金もらうのは個人単位じゃないですか?

なのに夫婦でというふうに考えるのは個人の実感を薄くする気がします。

国の借金1000兆円って言われるのと、1人800万円って言われるのと同じで夫婦で22万円必要って言われるより1人11万円必要って言われるほうが私はちゃんと考えられるのではないかと思うのです。

よく聞くのが老後に3000万円必要

これも夫婦でです。

分解すれば単純に一人1500万円なはずなのに

夫婦で3000万円で夫がすべてカバーするような昭和の価値観がハードルを高くして余計に分かりにくくなる。

仮に個人単位で考えて

1人1500万円っていうふうにすれば、夫は退職金で2000万円で余裕だけど、妻は専業主婦で0みたいなパターンがあったとします。

夫が500万円カバーするから残り1000万円夫婦でなんとかしないとね〜みたいな話をするようになるかもしれないじゃないですか。

何が言いたいかというと、夫婦でだと他人任せになったり、片方しか考えなかったりとなるのではということです。

1人いくらいるって見方したほうがそれぞれが考えるのではないかということです。

まぁ考えない人はどっちでも考えないだろうが

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: