2017年06月17日

厚生年金の受給額の簡単な求め方

どうもです。

皆さんは自分の年金受給額ご存知ですか?

国民年金のみであれば、支払い金額も受給金額も大体でており納付月で単純に割れば求めるのは簡単だと思います。

ですが、厚生年金は所得により納付金額、受給金額が変わってきます!

なので求めるのが難しくそれぞれが年金ネットでシュミレーションしていかないとダメで面倒。

そこで、ざっくりとわかる方法ないかといろいろ調べていると、ありましたよ。

厚生年金はざっくり給料の4割

納めている保険料は月給の2割りなので、労使折半ですから半分は会社が払ってくれてます。

つまり2割×2割で4割というわけです。

実際には40年間納めた保険料を平均しないといけませんが、ざっくりはこれでいいのではないでしょうか?

何々?計算の結果、受給金額が少ない?

これでは生活できない?

うむむ!

実は残念ながら年金は福祉ではなく保険なのです。

つまり保険なので、支払った保険料に応じて給付されます。

なので、給料を上げてガンガン納めるか、別にイデコや個人年金で対策取るか別の収入作るかしてください。

ずっと働くというのも手ですね!

無理であれば、生活のダウンサイジング!

公的扶助の生活保護!

それしかないです

ハイ

私は不労所得でなんとかしたいと思っております。

頑張りますよー

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ


posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。