2019年04月14日

2019年4月 年金シミュレーション

さて、毎度おなじみ年金定期便が到着しました。

kunsei.jpg

これによると私が現在543万円保険料を納付して、仮に今受け取るとすると年63万円です。

月にすると5.2万円ももらえる権利ではありませんか!!

ちなみに昨年より年約5万円(0.4万円/月)増えています。

不労所得でこれだけ増やそうとすると簡単ではないので結構凄いことだなぁと思います。

さて、

私の2018年の不労所得は6.2万円/月(税引き後)ですので合わせると11.4万円となります。

これだけあれば今から老後十分暮らしていけそうな気がしますが

年金はここから2割くらい税金が引かれると思うので

5.2万円 × 0.8 = 4.1万円 が手取り!

合計すると

不労所得は6.2万円/月(税引き後) + 年金手取り4.1万円 = 10.3万円くらいになります。

さらに私がじいさんになるであろう30年後は給付水準が4割カットもしくは、支給年齢の遅れの可能性がありますのでそこは不労所得などでカバーしていかないといけないでしょうね。

そのためにはやはり年金シミュレーションが必要になると感じています。

年に1度だけですが、私はハガキがくるたび簡単にするようにしています。

生きていればお世話になる年金ですから、自分がいつからいくらもらえる見込みか年に1回くらい考えてもいいのではないでしょうか?

今から考えておくと年金こんな少ないなんて思わなかった!働き口もないのにどうしようってのは回避できるかもしれませんしね。

退職の時期をコントロールでき、もしかしたらこれをきっかけに自分に合ったライフプランが見つかる可能性もあります。

ですので今までされてなかった方も一度でいいから是非ともやってみてください。

さて、私は今回手抜きで2パターンやりました

※少し厳しめに条件はいれるようにします。昇給しないという前提!

2019年4月 年金シュミレーション(36歳会社員 男性)

@現行の年収で60才まで会社に勤める! 受給額14.3万円/月 (手取り11.4万円/月)
nenk1.png

A現行の年収で55才まで会社に勤める!55〜60は無職。その後は60歳まで国民年金払う 受給額13.4万円/月 (手取り10.7万円/月)
nennki2.png

前回より納付する保険料が下がったのか、少し減っています。

@のパターンだとこんなもらえるのか!

今のところはなんとかAの55歳リタイアを目指したいのです!

私の2018年の不労所得は6.2万円/月(税引き後)ですので合わせると

@だと手取り17.6万円となります。

Aだと手取り16.9万円となります。

辞める辞めないは別にして、いつでも辞めても状態になっておくに越したことはありません。

ちょっといつでも辞めれる状態だと別に会社なんか怖くないですからね。

では

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ

posted by よそふめ at 00:00 | Comment(2) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年金定期便は私もいつも確認しています。
おそらく支給年齢アップと支給額ダウンが予想されますが国民年金満額支給として計算しておけば問題ないかなと考えています。

金額よりもやっぱり支給年齢が気になりますね。
Posted by クロスパール at 2019年04月14日 07:59
クロスパールさんコメントありがとうございます。

私も同じで支給年齢が気になります。
今の年金定期便によると70歳支給になれば4割アップと書いてあるんですよね。
てことは60歳で支給を選択すれば4割カットってことになる気がします。

このスキームって70歳支給にしてもそのまま使えそうですね。
Posted by よそふめ at 2019年04月15日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: