2016年01月31日

資料請求で不動産の本が贈られてきた

先日愛読している雑誌PRESIDENT (プレジデント)で資料請求をしたのですが、不動産の本が贈られてきました。

“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術 | 峯島忠昭
IMG_20160130_145344.jpg

ちなみにアマゾンで1600円くらいするみたい!

この手の本は大体自社の宣伝という系なのですが

たまに

本によってはわりと中立的な内容だったりします。ぱらぱらっと見た感じ意外とおもしろそうです。

まだ読んでいないですが、通勤時間中に読んでみようと思います。

内容がよければまた紹介しいたいと思います。

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間77万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

不況って怖い

おはようございます
よそふめですexclamation

2004年に新卒で就職活動をしていた時、リクナビを通してあのワイキューブにエントリーして会社説明会に行った事があります。
当時ワイキューブは就職人気企業ランキングで上位に来ており、満員電車に乗らなくて良い、社内バーがある、社内から芸能界へのプロデュースする、年間休日140。。。
右も左も分らない馬鹿な学生だったよそふめには凄くまぶしくうつっていました。
どうせ働くならこんな会社で働きたい・オシャレで楽そうでいいことだらけじゃないかとモバQ

そして試験を受けることに!!しかし、他の企業と違い
就職試験を受けるのに自社の運営する就職コンパスとかいう(中小企業向けに特化した新卒サイト)のに登録することが前提でした。
何故リクナビで会社説明会にきてまた就活サイトに登録しなきゃならぬ!!と少し疑問に思いながらも受けたかったため当然よそふめは登録しました。
もちろん当時は非常に競争率が高く、よそふめごときは一時試験で敗退!!
その後、就職コンパスからメールだけがくるというウザイ事になって始めて売名行為だったと気付きました。
よそふめの中ではわらにもすがる想いを利用されたショックと、屈辱だけが残っていました。

そして、、数年後TDBの倒産速報をみていると!!
 2011年3月30日 – 市ケ谷に本社を構える人材コンサルティングのワイキューブ(新宿区本塩町)は3月30日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
という情報がっexclamationexclamationexclamation

もし、何かの間違いでよそふめが入社できていたら?と思うとぞっとしましたたらーっ(汗)
正直入社できた人はほぼエリートなため転職先はいくらでもあろうかと思いますが、一生勤めたいと思っていた人もいたはず!!
中小企業なのにワインバーだ年間休日140日やなんだと派手にお金を使っていたからこうなったんだ。さぞかし経営者は反省しているだろうと思っていると!!!!!!!

なんと、本を出していたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
41xzAIpjqsL._SL500_AA300_.jpg

よそふめは収益に加担することに抵抗を覚えながら、知りたいという欲望を抑えることができず、購入してしまいました。
当然人生を狂わされた社員・客・ユーザーからしたら、社長がのうのうと本を出して自分だけ安泰というのはこの日本では恨みを買う可能性が高いのでよそふめなら絶対にしません。刺されたらどうしようとか思わないのかな??
やるんだったら売り上げで債権者に弁済するくらいの気持ちでないと。。。。もちろんこの本の売り上げで債権者に対し弁済する義務はないのですが。


結局、騙されたと思わされる企業ってどっかで淘汰されるんだなあと思いました。
みなさんもありませんか??そんな企業?だとしたらいつかは・・・・・・
posted by よそふめ at 09:11 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

3月読書

こんばんはひらめき
よそふめです。

3月に読んだ本をアップします。
月3冊が目標なので一応達成ですわーい(嬉しい顔)

@『Another』
DSCN0726.jpg
推理作家・綾辻行人の長編推理小説。
『野性時代』(角川書店)にて2006年8月号から2009年5月号まで数回の休載を挟んで連載された。ホラーとミステリーを融合させたような雰囲気が特徴。著者の作品の持ち味である、非常によく練られたストーリー展開、叙述トリック、そして読者の度肝を抜く大どんでん返しは、本作でも健在。


A下流社会 - 新たな階層集団の出現
DSCN0725.jpg
- 三浦展 下流社会の実態を膨大なデータで示した本


B28歳からのリアル[マネー編]
DSCN0724.jpg
新版 28歳からのリアルの内容をお金に特化させた内容。
28歳前後の収支についてのデータを基に、老後までの生活に必要な額や貯蓄額が分る
posted by よそふめ at 20:40 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする