2017年08月08日

無年金の奴は

どうもです。

先日嫁の友人Tが結婚を迷っているということでちらっと話を聞きました!

どうも彼氏は片親で母親が無年金で同居前提で支えて欲しいとのことです。

デートも母親の送り迎えなどからんだり、一緒に食事したりとなかなかお膳立ては進んでいるらしい。


【Tのスペック】
  看護師、両親健在、29才、専門卒

【彼氏のスペック】
  会社員、片親(母親)、35才、大学卒

Tの考えとしては同居、無年金(負担が心配)というのがネックで結婚を躊躇しているらしいです。

私は同居は結構賛成派なのですが、

正直、無年金はかなり嫌だなと思います。。

経済的にしんどくて払えないのであれば収入に応じて免除があるし、必ず催促もくるから国民年金保険制度を知らなかったというのは、なかなか常識のある大人では考えられないですし。

勤めていた会社が納めていなかったというのであれば騙されたとなるが、自営業だったらしくそれもないです。

となると故意に払っていないと疑われてもしかたがないです。

無年金というのは計画性のなさ、ルールを守れない、と考えるのがふつうだろうな。

どうせ「年金なんてもらえない、貯金で貯める」とかいっていたのではないだろうか。

それでも十分な蓄えがあるというのであればまだわかるが、そうでもないらしい。

少し調べたが、無年金の親を養い子供二人を育てるには同居で世帯年収800万円はいるらしい。

もしくは、世帯分離で生活保護。

誰かが養うか、国が養うかしかない。

Tの収入や彼氏の収入は人並みらしく、養うと共倒れとなるパターンが濃厚だろうな。

それを感じTは打開策としてTも別世帯で生活保護を打診したらしいが、それも反対されたらしい。

Tは恐らく迷っているので、多分別れると思う。

結婚とは本人の合意のみによって成立するはずなのですがね。

本人が合意を判断するのに、本人以外の要素が加わってくるとなると成立しないわな。

親って大事だよな。

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(2) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

騙されるな!国民年金は未納率が4割の謎

どうもです。

国民年金は未納率が4割りという数字がメディアに度々登場します!

こんなに皆が払ってないのであれば、払わないでおこうという友人が学生のころは凄く多かったです。

そりゃ、年金崩壊だとか破綻するだとか思ってしまいますよね?

が、実はこの数字なんと免除者も含まれているんだそうです。

どういうことかというと、3号被保険者(サラリーマンの妻)、学特・猶予者被保険者(学生)ようは制度上、特例として保険料の免除を認められている人が含まれているんです。

えっ?

なんかズルくないですか?

それを省くと

本当に支払っていない人は約3%なんですって。

こんなの保険数理の上じゃ誤差の範囲じゃね?

なんだかなぁ。。

4割の人が払ってないなら払わないでおこうと煽られのせられてしまった人、今からでも払いましょうね。

多分破綻しない気がしてきました。

まぁ免除はいずれなくなるかもしれませんがね。

しかし

ほんとこの国のメディアは怖いわ

見出しに書いてあることを鵜呑みにできず

データの分母、内訳をいちいち自分で検証しなくてはいけないのかな?

テレビ局も、新聞社も影響大きいのになぁ

ほんとなんだかなぁ〜

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

厚生年金の受給額の簡単な求め方

どうもです。

皆さんは自分の年金受給額ご存知ですか?

国民年金のみであれば、支払い金額も受給金額も大体でており納付月で単純に割れば求めるのは簡単だと思います。

ですが、厚生年金は所得により納付金額、受給金額が変わってきます!

なので求めるのが難しくそれぞれが年金ネットでシュミレーションしていかないとダメで面倒。

そこで、ざっくりとわかる方法ないかといろいろ調べていると、ありましたよ。

厚生年金はざっくり給料の4割

納めている保険料は月給の2割りなので、労使折半ですから半分は会社が払ってくれてます。

つまり2割×2割で4割というわけです。

実際には40年間納めた保険料を平均しないといけませんが、ざっくりはこれでいいのではないでしょうか?

何々?計算の結果、受給金額が少ない?

これでは生活できない?

うむむ!

実は残念ながら年金は福祉ではなく保険なのです。

つまり保険なので、支払った保険料に応じて給付されます。

なので、給料を上げてガンガン納めるか、別にイデコや個人年金で対策取るか別の収入作るかしてください。

ずっと働くというのも手ですね!

無理であれば、生活のダウンサイジング!

公的扶助の生活保護!

それしかないです

ハイ

私は不労所得でなんとかしたいと思っております。

頑張りますよー

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする