2019年04月05日

2018年確定申告還付金入金

どうもです。

2018年度の確定申告還付金入金がありました。

金額は140,205円です。
zeimu.png


けっこう大きいですね。

やはや

しがないサラリーマンとしては結構助かります。

全額使用したいところですが、4万弱は嫁に押収されることになりました。

ちっ。

さて還付金の使いみちですが、今のところ何か優待株でも購入しようかと思います。

というのも還付金のため、確定申告しなかったと考えるとリスク取れるなと。

優待株といってもできれば外食にしようかと思います。

基本お昼は外食なのですが、物価が上がってきたいるためお昼代がかさんでいます。

まだ、牛丼の券が残っていますがもう少しバリエーションを増やしたいなと。

ある程度銘柄は絞っているのでまた購入したら公開したいと思います。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

2018年度確定申告提出!!

どうもです。

やっと2018年度の確定申告提出しました。

てかほぼできていたのですが、嫁が医療費控除をするとのことで待っていました。

子供は無料だし計算したら

結局、残念ながら8万円程度のため私では無理そうです。

基本的には10万円を越えていればいいのですが届かず。

ただ

年収によっては10万円いかなくてもできるため、嫁名義で提出するのかどうかです。

それは嫁にまかせます。

今回は、配当控除、寄付金控除、外国税額控除、配偶者特別控除で還付予定は約14万円です。

haiguukoujyoari.png

決して無視できない金額です。

今回は配偶者特別控除がスポットで入ったとはいえ、還付は大体10万円くらいで考えてもよさそうです。

ちなみに

確定申告することにより大体毎年5万円の還付があると仮定します。

私は今36歳ですので、大学卒業からで13年、仮に58歳までサラリーマンするとして35年間を考えます。

すると、単純計算で5万円×35年=175万円です。

大きくないですか?

車1台くらい変わります。

確定申告は退職や年金をもらうようになれば、どのみちしなければなりません。

どうせしなければならないのであれば、是非今のうちから慣れておいて下さい。

それに、1年間の自分の収入であったり税金であったりがわかります。

これはメリットだと思いますね。

私は出す出さないは別にしてもうかれこれ10年以上も確定申告入力しています。

年々スピードアップしています!!

しかも毎年何かしら変更点があり、地味に気が付くようになってきました。

最初は面倒だなと思っていましたが、少し楽しめるようにもなってきています。

あまりしていない人は是非してみてください。

お金の勉強にかなりなると思います。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

2018年確定申告〜今回の予定

どうもです。

早いものでもう2月。

そろそろ確定申告の準備に取り掛かっている私です。

今回の確定申告は

・配当控除
・株式売買損益通算
・外国税額控除
・寄付金控除(ふるさと納税)
・配偶者控除特別控除
・医療費控除

これらを行う予定です。

配当控除や損益通算、外国税額控除についてはいつも通り。

しかし、ここで大きく勘違いしていた事が判明。

シーズホールディングスを売却した際300万くらい利益を計上したのですが、税金を下げるために60万円くらい損失を計上したんですよね。

何故かこれで税金かからんだろうと思ってたのです(恐らく税金60万という頭だけが大きかったんだと思われる)

普通に考えたら、利益300万-損失60万で240万に対し税金がかかるだけ。

減らすことはできてますが、掛からないわけではないことが、今になって気が付いた。

なんで、そんなに自分に都合のいい解釈になったんだろう。

この思想は、底辺脳ですね。

反省です。

ただ、この損失戦法は配当金にも有効なので配当金の範囲内であれば、毎年ガンガン評価損の銘柄には使っていきたいです。

メリットは、配当金の税金と保有銘柄の取得金額を下げれる。

デメリットは、売買手数料、手間、金額に制限がある。

さて、

寄付金控除は、やる人が増えたためかずいぶん楽になってますね。

配偶者特別控除は嫁が産休、育休だったためギリギリ受けれる事が判明。

やると3〜4万円返ってくるので大きいです。

気が付いて良かったです。

が、それは妻に押収されてしまうことになりました。

保育料の足しにされるそうです。

最後に、医療費控除は子供の医療機器や大人の通院費用が対象になるみたいです。

10万越えそうなんだったらやってみようかなという軽い気持ちです。

ただ、領収書や転記が超絶面倒そう。

これについては費用対効果をキチンと検証するためにもやる場合、やらない場合で記録しておくつもりです。

とまあこんな感じで考えてます。

私の予想としては6〜7万あればなぁ。

そんな感じです。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする