2018年02月24日

2018年ふるさと納税 返礼品紹介 〜 岐阜県関市 LEATHERMANツールナイフ

どうもです。
さて、2018年ふるさと納税を実施しました。

で一部自治体から返礼品がさっそく届いたのでアップしたいと思います。

さっそく2018年にGETした返礼品を紹介したいと思います。

今回は岐阜県関市よりふるさと納税の返礼品「LEATHERMANツールナイフ」です。

岐阜県関市は特産品が刃物でドイツのゾーリンゲン(Solingen)、イギリスのシェフィールド (Sheffield) と並んで、刃物の3S[8]と呼ばれています。

レザーマンツールジャパン株式会社も関市みたいです。

そんな岐阜県関市から

さっそく届いた返礼品がこちら!


お礼の手紙とともに!!

2.jpg

まずは

【LEATHERMAN スタイル CS】 … 寄付金額 15,000円
4.jpg

5.jpg

<動画>LEATHERMAN (レザーマン) STYLE CS (スタイル CS) 機能ご紹介



をゲットしました。

ある程度住民税を納めている方という条件は付きますが、2,000円でゲットできます。

財テクでコレクション増やすのもありだと思います。

なくなる可能性も十分にありますので寄付はお早目に!

残りのふるさと納税の到着も待ち遠しいです。

では!

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 07:47 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

2018年!今年も「ふるさと納税」実施!

さて、

2016年で初めてふるさと納税を開始。

2018年で3回目となります。

ちなみにふるさと納税とは、まぁ寄付による節税です。

最近ではCMでもしていると思いますので身近な存在ではないでしょうか?

簡単に説明すると

ふるさと納税とは … 個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自治体へ寄附することで、年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができます。そして、寄付した自治体から各地域の魅力的なお礼の品をもらえます。

例えば50,000円寄付して25,000円の返礼品をもらい23,000円は税額控除、実負担は2,000円とすると、返礼品25,000円 - 実負担2,000円 = 23,000円の得というわけです。

年収が高ければ高いほど寄付できる上限は増えますので、裕福な人の節税手段として問題とされているわけです。

今年は何にしようかな?

ある程度めぼしを付けていたため

早速実施しました。

今回はこれだ!!

和歌山県串本町 30,000円 返礼品は安定のモンベルポイント15,000ポイント
furusato1.jpg

岐阜県関市 15,000円 返礼品はツールナイフのLEATHERMAN スタイル CS
leatherman cs.jpg

どうも岐阜県関市は、レザーマンツールジャパン株式会社がある所在地のようでふるさと納税の返礼品でもらえます。

アウトドア派の人なら好きな人多いんじゃないでしょうか?

ちなみに返礼率としてはあまり高くはないです。

20〜30%くらいじゃなかろうか?

肉やらカニやらにすれば50〜70%というのもあるみたいですが、ナイフツールが欲しいぜという方は是非お勧めです。

LTJマークが刻まれた本製品は、岐阜県関市のレザーマンツールジャパンによる25年保証が約束されていますしね。

収入にもよりますが、2,000円でもらえる範囲のものであればいい選択肢ではないでしょうか?

ちなみに2018年1月現在の情報です。

なくなる可能性も十分にありますので寄付はお早目に!

財テクでコレクション増やすのもありだと思います。

では!

到着が楽しみです。

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(2) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ついにきたな!ふるさと納税返礼率ダウン

今年お世話になった

長野県小谷村から7月1日からふるさと納税返礼率がダウンする旨のメールをもらいました。

まぁ

もともと富裕層の節税と思っていて、こんなのいつまでも続かないなと思っていたので何の驚きもありませんが。

なので私は必ず年度始めにしていますよ。

しかし、返礼率ダウンになると前ほどの旨味はなくなりましたね。

返礼率3割になる自治体がある一方、無視して継続する自治体もあるみたいですので返礼率の高い自治体にシフトしていくだけだろうとは思います!

しかし、強制力ないとあんまり効果ないと思いますよ。

昔々と違って今は我々平民でも情報取れるのだから!

ググれば返礼率の高い順でソートできて、3割にした自治体からステイの自治体にお金が流れるだけ。

誰でもわかります。

本当は返礼品などなしにして、自分の好きな自治体に寄付できるというだけでいいのではないでしょうか?

まぁ不労所得を目指す私は手間を差し引いてもメリットがあればするだけです。

だって補足率の高いサラリーマンでも節税できる貴重な機会ですからね。

「スポンサード リンク」








 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする