2019年06月22日

年金は国民年金保険です、福祉でなく保険です。

どうもです。

ばーべ.jpg

2,000万円足りない問題、なかなか沈静化しませんね。

相変わらず「年金だけでは安心して暮らせないのか、年金徴収やめろ」などマスゴミや野党、評論家から相次いでいます。

なんでもデモも起こっているのだとか。

払ったお金返せだとか、義務をやめろだとか。

色々聞いていると議論がかみ合わないケースが多いですね。

なんでだろうと話を聞いていると

どうも年金 = 福祉と勘違いしている人が多いからではないでしょうか。

実は福祉でなく保険です。

つまり払い込んだ金額が少なければもらえる金額も少ない。

払い込んだ金額が多ければもらえる金額も多い。

ちなみに保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える制度です。

年金保険とは、現役世代の所得の半分くらいを出せるように作られた制度です。

今所得代替率60% ⇒ 今後所得代替率50%に調整しようというのはあります。

これは世界では50%くらいが標準なので60%は多いよねという感じでいいのではないでしょうか。

ようは今の高齢者は貰いすぎというのがあります。

突くべきはそこなのにね。

それで不十分な人は自分で蓄えたり節約したり、それだけの話です。

年金とはどういう制度かと言うと、平均年齢よりも早く亡くなった人が払い損になって、その分を長く生きた人に渡しているというだけなのです。

長く生きた人の現役時代の年収を、半分くらい見たとします。

そうするとどれくらい早く死ぬか分かるから、計算して保険料を取っているだけの制度です。

世界で年金を採用しているところは大体こんな感じらしいです。

年金定期便で、払った金額を見てください。

払った金額ともらう予定の金額はあまり変わらないはずですから。もし年金が足りないのなら、増やすのは簡単です。

例えば現役年収の100%そのままがいいのなら、保険料をいまの何倍かにしてみる。

よく分からないで乗っかっている人はまず自分の「ねんきん定期便」を見ること。

そうして是非、自分の今後を考えてください。

ちなみに私は年金定期便を見るようになってから漠然とした不安はなくなりました。

こういう生活を描いてそれに向けてどう動くべきかがわかるからです。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 10:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

老後2000万円蓄えるか、働くか、切り詰めるか

どうもです。

100円で購入したトマトが育ってきて実をつけ始めました。
tomato.jpg

何個か熟しているのはいただきましたが、自分で作ったものを食べるのもいいものですね。

さて、

金融庁が発表した報告書に、総務省の家計調査のデータを使った試算として、年金暮らしの高齢夫婦だと年金だけでは生活費が月約5万円足りないと指摘。

不足額を老後の20〜30年間まかなうために、1300万〜2000万円の蓄えが必要になるとしていました。

この点について、「年金だけでは安心して暮らせないのか、年金徴収やめろ」などマスゴミや野党、評論家から相次いでいます。

金融庁の報告書は、(年金が)月20万円のところを、平均的な支出が25万円あります。5万円足りない金額を65歳から(老後が30年間とすると)、だいたい2000万円という話なだけですよね。

一定の条件をもとに統計データや考察を正直に出した試算だと思うんですよ。

なんでそんなにたたかれるのだろうと少し疑問に思います。

大体マスゴミ、評論家とかは普段ワイドショーで老後に必要なお金は3000万円とか煽ってるじゃないですか。

初めて聞きましたみたいな反応、ご苦労さまです。

切り取り煽るマスゴミ、野党、評論家のポジショントーク。

うーん。

いろんな人が思考誘導したいのでしょうね。

こんなん答えは単純で、2000万円貯めるか、生活水準を落とすか、働く、もしくはそれらの複合しかないと思うのですが。

それで生活できないなら生活保護という制度もあるわけですから。

この国の年金というのは、生活費を全額賄うものではなくそれを前提に設計されているはず。

それなら国民年金だって6万程度なのをまず怒るべきでは。

無責任な専門家の中には年金払うなみたいな事を言う人もいます。

収入によっては強制徴収されるし、障害になったり万が一亡くなったりした時、どうするのか。

本人はもとより遺族も遺族年金ももらえんのだぞ。

責任とれるのか?

そもそも、アンタ絶対払ってるだろよくそんなの公共の電波使って言えるなって思います。

そんな程度の奴らなんです。

あれこれ情報に惑わされる前にちゃんと自分の目で金融庁のレポート見て判断すればいいんじゃないですかね。

私は全体として金融庁レポートの通りになると思います。

ですが、地方と都会で出ていくお金違うだろうし、お金使わないと遊べないわけでもない。

工夫次第で全然楽しく暮らせると思いますがね。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ

posted by よそふめ at 21:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

凶行を防ぐには

どうもです。

あどべ.jpg

川崎市多摩区でスクールバスを待つ私立カリタス小の児童ら20人が殺傷された事件がありました。

どこにでもあるもので、悪意を持って人を襲うため、防ぐことも難しく本当に恐ろしいことだと感じました。

そして、無差別に狙う凶行は今後もますます増えると思います。

なぜなら、格差は開いており、結婚率も下がっています。

失うものもなく現実に絶望した時道連れに何人か。。みたいな思考を持った人って今までも一定の格率で発生していたと思うんです。

ただ、格差が開くことで割合が増えるということ。

また、結婚率が下がることで止める人、機会が減るからです。

今回は攻撃性の高い20、30代だけでなく51歳のおっさんが犯人なわけです。

年齢はある程度関係あると思うのですが、一定の確率で確実にこのような人が出てくるんだなぁと再認識することとなりました。

これらの凶行から身を守るには、防ぐにはどうすればいいのか。

今回などなかなか難しいと感じます。

2ちゃんねるの元管理人ひろゆき氏は、金のないキモいおっさんにはウサギを配ろうと言ってます。

どこかの貧困にあえぐ国で、食用に配ったウサギに愛情が移り飼われたという事例があったそうです。

わりと人間は社会からの扱いや関わり、愛情ってところで気の持ち方を変えれるのではないかと思います。

1つの考えとしてはありかなと思います。

今までの常識では、凶行は恐らく防げません。

そこでそんな常識を無視して

私なりに対策をいくつか考えてみました。


@みんなに防刃ベスト、フルフェイス着せる

外出する際は国民みんなに着用を義務化して刃物、鈍器程度であれば即死の格率は下がる。確実な効果は見込める。問題はビジュアル的なところもさることながら、コストや煩わしさ。

A一定の資産以下で、定職についていない成人の独身男性の自由を制限

具体的には施設等の監視下においたり、ボランティアなどのコミュニティに強制参加。参加しないと逮捕みたいにすれば、凶行は減るかもしれない。危険分子の隔離みたいになるので、これらが団結してよりエスカレートする可能性もあるうえに、ここに入ると差別を受け脱出がより困難になる。

人権やコストを無視すればという条件ですが、いかがでしょう。

実現は難しいでしょうが、ここまでしないと防ぐのって無理だと思います。

やだなこんなギスギスした世の中。

のんびり気楽にくらいしたいものです。

では。

「スポンサード リンク」







 
 
 

 
サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

ランキングに参加しました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家 ブログランキングへ
posted by よそふめ at 15:46 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする